食物アレルギーの話>マーガリンに代表される悪の根源脂肪酸、そのトランス脂肪酸の秘密!

狂った脂肪酸、それが「トランス脂肪酸」なのです。
トランス脂肪酸とは、マーガリンや油で揚げたスナック菓子類、
その他ショートニングを使用した食品、などを製造する際に、
液状の不飽和脂肪酸を固形化するため、水素添加を施し、
飽和脂肪酸に変化させる、という過程において発生する物質で、
分子構造の変化した、自然界にはない「狂った脂肪」は、
役に立たないばかりか、体に害をもたらす悪玉の脂肪なのです。
実はマーガリンの構造はプラスチックそっくりです。
というより「マーガリン」は食べ物ではなく、
食べられる形をした「プラスチック」と言うべきでしょう。

不飽和脂肪酸というものがありますが、
これは、1つの不飽和の炭素結合をもつ脂肪酸です。
それに対し不飽和炭素結合というのは、炭素分子の「鎖」の結合において、
炭素同士が不飽和結合している状態です。
そして、植物や魚の油から摂取できる天然の不飽和脂肪酸は
通常シス型という折れ曲がった二重結合の構造をとります。
不飽和脂肪酸から商品価値の高い飽和脂肪酸を製造するために
水素を加えて水素化させると、
飽和脂肪酸にならなかった一部の不飽和脂肪酸のシス型結合がトランス型に変化し、
直線状の構造を持つようになるそうです。
これをトランス脂肪酸というのです。

トランス脂肪酸は身体の細胞の細胞膜の中に入り込み、
細胞膜及び細胞の働きを狂わせ、
体内でビタミンなどの栄養物質を食い荒らしたりします。
悪玉コレステロールを増加させ、
動脈硬化などによる心臓疾患のリスクを高める、喘息やアレルギー性鼻炎、
アトピー性皮膚炎を引き起こす
また、このトランス脂肪酸がガンや心臓病の大きな原因になることも、
数多くの研究で明らかにされています。

デンマークでは04年から国内すべての食品について、
油脂中のトランス脂肪酸の含有量を2%までとする規制を設けました。
アメリカでは06年から、加工食品のトランス脂肪酸量の表示を義務付けています。
カナダでは一部の中小企業を除き、05年から栄養成分の表示義務化の中で
トランス脂肪酸も表示対象にしています。

対し日本では一部に、インターネット上で反対運動がなされているのと、
ごく一部の企業がトランス脂肪酸低減に取り組んでいる程度で、
政府や地方公共団体、業界団体は特段の規制を行っていないのが実状です。
日本の場合では、諸外国と比較して
食生活におけるトランス脂肪酸の摂取が少ないことから、
相対的に健康への影響は少ないとは考えられますが、
ただしこれは平均的な食生活をしている場合のことで、
食の嗜好の多様化によっては、望ましくないレベルのトランス脂肪酸を
摂取してしまう人も居ることになります。

日本の食文化の中では、トランス脂肪酸を含む食品や食材を
大量に摂取するというケースはまれでしょうから、
過剰反応をすることも無いのでしょうが
総じて、安全にも意識したバランスのよい食生活が何よりと言えます。

食物アレルギーの話

トップページ
直接食生活に関わる食物アレルギーとは?原因は?その対策は?方法は?
アレルギーは今や誰も逃れられない現代病、さあどうするかその方法!
体に良い結果をもたらすと「免疫」で、悪い結果をもたらすと「アレルギー」と呼ぶ
増加し続けている食物アレルギー。なぜそれほど増えているのか、その理由と秘密!
ストレス発散と、正しい呼吸法がアレルギー対策の裏ワザと心得よ!
ビタミン、ミネラル、栄養素の豊富な雑穀を今こそ見直して免疫力を高める方法!
アレルギー体質をあきらめないで、根気よく体質改善で克服する方法!
アレルギー性鼻炎の症状を軽くする、とっておきの方法はコレだ!
大人がアトピーを治すには、まず生活習慣を見直すこと。ストレスを溜めないことがコツ!
食物アレルギーの症状と傾向と、その対策法!
アレルギーの症状を、みるみる改善できる生活習慣の見直し作戦!
アレルギー性気管支炎は、温度の変化や乾燥に注意して清潔にするのがコツ!
ビタミンCのチカラ、化学物質を分解する働きで、アレルギーを改善する秘密!
赤ちゃんや乳幼児が食物アレルギーを起.こしやすい理由と対策法はコレ!
マーガリンに代表される悪の根源脂肪酸、そのトランス脂肪酸の秘密!
健康を維持する上で 世界中で最も優れている、日本の伝統的な食事の秘密!
牛乳への大きな誤解が招くアレルギー、対策はまず牛乳を飲む習慣を止めることがコツ!
動物アレルギーを抱えながらもペットと共存する方法
キモは「よく噛んで食べる」こと、消化にいい食べ方で、アトピーを治す方法!
アレルギーを起こしやすい食品と上手に付き合う方法!
最近増加の傾向にある紫外線アレルギーも、免疫システムの過剰反応が原因!
食物アレルギーの原因で一番多い、卵アレルギー。そのポイントをゲット!
砂糖を止めよう、糖の過剰摂取は、アレルギー体質の大原因!
ラテックスアレルギーの治療は、目下徹底的に ラテックス製品を回避する方法!
アレルギー性接触皮膚炎には、原因物質の究明が最も重要ポイント!
アトピー肌のスキンケアー、常に保湿に心がけることがコツ!
薬物アレルギーの回避には、異変を察知したらすぐに止めて対処することがポイント!
「アレルギーマーチ」は遺伝的要因があるけれど、根気よく免疫力を高めるコツ!
カルシウム不足が引き起こす、深刻なアレルギー症状を回避するコツ!
重要なのが あなたの腸の環境、腸内環境を良い状態にしてアレルギーと別れる秘密の方法!
間違えないように!食物アレルギーと間違えやすい病気もあるという情報!
「シソ」のルテリオン、ロスマリン酸、αリノレン酸でアレルギー脱出をするコツ!
体内で脂肪をきちんと代謝、変換するには、酵素、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取するワザ!
お風呂が危ない原因に。水道水が皮膚細胞を破壊しているという暴露!
ダニアレルギー対策のポイントは、ダニを賢く駆除するワザにある!
アトピー改善の敵が、トランス脂肪酸、マーガリン、アルコール、加工食品であるという情報!
アレルギー体質を改善する「ショウガ」のすごいパワーを活かす正しい食べ方は、コレだ!
動物性タンパク質の過剰摂取が重大原因、アレルギーはここから正せ!
水道水の塩素はこれほどにも恐ろしい、アレルギー性疾患の原因である事実!
アトピーを治すなら、青魚で腸内環境の改善がイチオシ!
抗アレルギー剤は深刻な副作用を及ぼす危険もあるので、よく注意することがポイント!
お勧めはコレ、オレイン酸の宝庫「エクストラバージンオイル」がイチオシ!
キャベツのビタミンUとビタミンKが、なかなかスゴワザの栄養素だ!
鉛は最大の危険、鉛を体からを追い出す生活習慣をの方法!
必要なビタミン、ミネラルをきちんと取るためのマニュアルがコレ!
まるで夢のような食用油、フラックスオイルを毎日摂って体質大幅改善を実現!
味噌汁、納豆、ぬか漬けのオススメトリオで、アレルギー脱出のワザあり!
細胞の再生や新陳代謝に欠かせないミネラル、亜鉛が不足してアレルギーを起こすという驚き情報!
アトピーを治すためには、リノール酸を減らし、αリノレン酸を増やす。油が決め手!
毎日2合の日本酒で、善玉コレステロールを増やすバツグンの効果があるという裏ワザ!
タマネギはスゴイ! 身近な食材で、アトピー性皮膚炎や喘息や花粉症の治療効果を生むワザ!
金属アレルギーは、体内のたくさんの金属元素との拒絶反応のあらわれだから要注意情報!
ニンジンに秘められたパワーが、 アトピーや喘息、花粉症のアレルギー体質の改善をするコツ!

その他

リンク募集中